事業者ローンを借りるなら迅速対応できる金融業者を探そう

事業融資を受けるには

ビジネス

銀行だけでなく、中小零細企業に対する融資業務が本職であるはずの信用金庫までが、中小企業や個人事業主に対する融資に消極的になってきました。その代わりに注目を集めるようになってきたのが、消費者金融やカード会社が提供する事業者ローンという名前のローン商品です。

もっと見る

事業資金を借りる方法とは

握手

便利なローン商品

事業を回していくために、運転資金を借りる必要に迫られることがしばしばあります。手持ち資金が潤沢であれば、わざわざ第三者からお金を借りる必要はありません。しかし、現実的なことを考えると、そこまで資金的な余裕がある会社はほとんど存在していません。特に、中小企業や個人事業主の場合は、資金調達問題で頭を悩ませることが多くなります。本当は銀行や公的機関から資金を借りたいところですが、銀行は年々融資の審査が厳しくなっています。また、公的機関の場合は、借入手続きに長い時間がかかってしまい、急な出資に対応できない場合があるのです。そのような時に重宝することができるのが、ノンバンク系金融業者が提供している事業者ローンです。事業者ローンであれば、中小企業や個人事業主でも、スピーディーな融資を受けることができます。

素早い融資が可能

ノンバンク系金融業者の代表格といえば、なんといっても消費者金融です。大手消費者金融のほとんどが付加価値の高い事業者ローンを取り扱っていますので、資金繰りに行き詰まっている中小企業や個人事業主は、消費者金融に相談してみるようにするとよいです。消費者金融が取り扱っている事業者ローンは、簡単に言ってしまうと、会社版のカードローン商品のようなものになっています。契約締結時に利用限度額を決め、ローンカードを使って必要に応じて資金を借りられる仕組みになっているため、お金の借り過ぎを避けられるようになります。その上、資金が必要になった時に即座にお金を借りることができるので、とても便利です。一般的なカードローン並みに利用限度額を50万円前後にされてしまっては、事業資金として全然足りないと心配する人が多いですが、事業者ローンの利用限度額はだいたい200〜300万円前後の設定になっています。ですので、中小企業や個人事業主の利用であれば、十分に対応できる可能性が高いです。

事業資金の借入

男の人

客観的にみてあまり与信能力が高そうには見えない中小企業や個人事業主でも、事業資金を調達できる方法があります。それは、消費者金融が提供している事業者ローンを利用するという方法です。個人事業主が事業者ローンを利用する場合は、総量規制の適用を受けません。

もっと見る

ビジネスローン

スーツの男性

個人事業主や中小企業経営者が資金調達方法で悩んでいる場合は、事業者ローンを利用してみるとよいです。銀行等に比べると金利設定が若干高めになっていますが、簡単な手続きでスピーディーな融資を受けることができるため、重宝することができます。

もっと見る