事業者ローンを借りるなら迅速対応できる金融業者を探そう

事業資金の借入

男の人

不意の出費に即座に対応することができるという理由で、カードローンが大人気になっています。しかし、普通のカードローンは、借りたお金を事業資金として使うことが禁じられています。黙っていれば大丈夫だと考える人がたまにいますが、借りたお金を事業資金にあてていることが業者にバレてしまうと、重大な契約違反行為として、ペナルティを課せられてしまうことになります。簡単に言ってしまうと、それ以降はお金を借りることができなくなってしまいますので、安易な流用は避けるべきです。しかし、借りたお金を事業資金にあてることが最初から認められているカードローン商品があります。それは、事業者ローンという名前のカードローン商品です。事業者ローンは、中小企業や個人事業主のために開発されたローン商品ですので、銀行に事業性資金の融資を断られてしまった会社や個人でも、お金を借りられる可能性が十分にあります。

事業者ローンを取り扱っているのは、いわゆる消費者金融です。消費者金融は貸金業者ですから、貸金業法による規制を受けます。つまり、原則的には総量規制が適用されることになっています。そのため、利用限度額をあまり高くしてもらえないのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、一定の条件を満たしている場合は、総量規制の適用対象から外れます。具体的に言うと、個人事業主が事業者ローンを利用する場合は、総量規制の対象になりません。したがって、利用限度額を年収の3分の1を超える金額にすることが可能になります。もちろん、いくら総量規制の適用を受けないと言っても、返済能力がない者に対してまで資金をホイホイ貸し付けることはありません。消費者金融側は、利用者に返済能力があることを確認する必要がありますので、事業計画書や資金計画書の提出を求めてくるのが一般的です。